excite

Exciteブログ トップサイトマップ


フランスに行きたいと思っていた週末ですが、金曜の午後にしばし、VIRON丸の内さんでお打合せをするうちに、流れてくるフランス語の有線や「クイニアマン」をいただくという幸運にも恵まれて!すっかり気分転換ができました。^^

フランスの粉をつかったお菓子やパンとフランス紅茶があれば、きっと、旅するようにお茶の時間をお楽しみいただけるはずです。



さて、その「クイニアマン・Kouign amann」は、フランスのブルターニュ地方のお菓子です。
おいしい有塩バターとキャラメルを使ったお菓子、そして、ガレットが有名なブルターニュも大好きな場所のひとつ。

焦がしたバターとお砂糖のカリカリした風味を楽しむのには、しっかりした味の紅茶が合いますが、昨日はたまたま樹齢300年の樹から採れたYunnanが手近にあったので!入れてみました。
合わないことはないのですが、クイニアマンには、Yunnanの甘みがやさしすぎて、少し物足りない印象がありました。もう少ししっかりした味やちょっと遊んだ雰囲気のフレーバーティが似合いそうです。


f0038600_14083404.jpg

f0038600_14084844.jpg


ご存じ、ENCHAN-THÉの『ブルターニュのキャラメルティ』は、このブルターニュ地方の有塩キャラメルをイメージしたお茶です。ベースには、半発酵茶を使用しているので、水色は薄め。これをバターいっぱいのガレットと併せて楽しんでいただくのもおすすめです。

カンペール、サンマロ、レンヌ、ポンタベンと、魅力的な小さな街がたくさんあるブルターニュ。
クイニアマンを頂きながら、懐かしくて、やっぱりまた行きたくなってしまいました…。



うれしい土曜日は、ショソン(オ ポム)からはじまる朝 。
まずは紅茶をたのしむために「パリの午後」だけを1杯。「パリの午後」は、セイロンとダージリンのブレンドで、ダージリンを多めに配合していますから、煮詰めたりんごには負けてしまいそう。

先日のルフナは個性的すぎるだろうと思いつつ、併せてみると、見事、りんごの味がぐーーーっと前にでてきて、粉もです! 一緒に食べるものを活かすという役割を多いに果たしてくれました。^^


f0038600_14304655.jpg


さて、特設ページを準備中の『ターブル アルチザン ノール』。
ティーカップには、本来、マグカップ用に作ったソーサーをあわせてみました。↑

銀彩のカップ&ソーサーの皿は、面が平らなので、お菓子を載せることもできます。今日はショソンを載せてみたら、まわりの銀彩がキレイにみえました。


引続き、もっともーーーっとバージョンアップしなければと、年の初めから更に本腰をいれて厳しく切磋琢磨中。
あちこちで、別名「職人泣かせ」と、ウワサされていそうですが!一緒に成長していきましょう。
多くのみなさまに喜んでいただける楽しいテーブルができあがるように。


考えて、考えて、もっと考える...ことに集中する週末です。^^

Bon week-end.



[PR]
# by enchan-the | 2018-01-20 14:23 | 紅茶とおいしい組合わせ

突然ですが、冬のフランスが恋しくて...行きたくて仕方ありません。休みあけだというのに!
3月いっぱいはタスクが山積みだし、でもその前に気分転換したい〜などと思いながら、冬の紅茶よりも大人っぽい印象のある『プラリーヌ』を夕方に。
ミルクを加えてかわいくもなるけれど、スーツを着た人が楽しむのにも似合う紅茶です。


日本のお正月とあまりにも雰囲気の違う冬の街。

この街の名物に、ピンク色のかわいいプラリネというおいしいモノがあります。
プラリネとプラリーヌをいっしょに楽しんでみなければ… なんてフランスへ行く理由にはなりませんねえ。

f0038600_23160413.jpg


f0038600_23165461.jpg

ここは、星の王子さまのサン テグジュペリの生まれた街。

それで、星の王子さまに似合うお茶を考えてみる….
『黄色いくだもののお茶』はどうかな? 雰囲気も風味も王子さまに似合いそう!



と、いろいろ回り道しているのは…第二便まで到着してしまった山ほどのサンプルからの逃避ではありません。^^;



さて、お茶やですけれど、珈琲の木を育てています。

昨年に久しぶりに実をつけて、ようやく赤くなりました。
30cmくらいの苗を買って来てからもう何年だったでしょうか。いっしょにたくさん引越しもしました。
大きくなりすぎて何回か切ったのですが、それでも170cmの自分よりもずっと大きい。

大きな葉っぱはタンニンの多い茶葉にも似ている巨大サイズになりました。
なんでも成長しているモノを見るのはうれしいですね。

f0038600_23273345.jpg

さて、明日からはテイスティングに没頭します。

遅れている紅茶のお手紙にポットの新商品もまもなくです。
ターブルアルチザン ノールも!

見たい映画もたくさんあるし、こまった週末になりそうです。




[PR]
# by enchan-the | 2018-01-18 23:34 | フランス紅茶

1月もまだ半分なのにお正月が遠く〜に行ってしまったかのようです。


海外の取引先はクリスマス前からお休みで、1月2日か3日にはお仕事が始まっているため、こちらが始まる頃にはすっかり気分も改まり、バリバリ働いている状況。ということで、昨日頼んだのにもう?!クロネコより早いかも?というくらいのスピードで到着した山のようなサンプルの試飲に追われる日々が始まりました…。

寒さも厳しくなってくると、嗜好品の好みも変わってきますね。

西からの出張帰りでけっこう疲れてよく眠れなかった先週のある日。
こういう時こそミルクティです。

年末にたくさん持ち帰っていたサンプルの中からスリランカのルフナを選んで、カップに半分くらい入れた牛乳をレンジであたため、その間にいつもの半量の熱湯でルフナを抽出。

温まった牛乳に蜂蜜をいれて、できあがった紅茶を加えると、カップの中にはやさしい白と濃いオレンジの混じり合ったなんとも美しいミルクティ色の紅茶ができあがります。

これがとーってもおいしい。心まで溶かしてしまいそうなやさしくて温かくて少しだけ甘いのみもの。眠れない夜にはピッタリのシアワセな味わいでした。

水色の濃いルフナは、中東の国々の方の需要が高いと言われてきたお茶です。しっかりした味のお料理に合うお茶は同時にミルクティ向き。
ミルクと合わせるとその底力を発揮する素晴らしい紅茶です。


同じく、大阪帰りだとついつい約束のように買ってしまうシュウマイと豚まん。これにダージリンなどを併せてしまうと、両方とも残念になってしまうのですが(主観です!)、サンプルの中からセイロンのウバの近くのHaputaleを選んでみると、ストレートで入れた紅茶は肉に合わせるのにもピッタリで、相乗効果でとってもおいしいプティデジュネとなりました。

たくさんある食べ物やお料理にあわせるように、たくさんのお茶の中から相性の良いモノを選ぶと、素晴らしいお茶の時間やお食事の時間ができあがります。

f0038600_15561779.jpg

写真は『マドレーヌの思い出』。
ベースに使っているYunnanの少しだけスモーキーな風味にお好みが別れるところですが、フランボワーズを加えた絶妙なブレンドは、お気に入りのフレーバーティのひとつです。
バターをたっぷり使ったお菓子にも良く合います。


お茶の時間を愛おしむのにピッタリな寒い季節。
寒波に包まれてしまった週末は、温かいお茶の時間をたっぷりとお楽しみください。



[PR]
# by enchan-the | 2018-01-14 15:29 | フランス紅茶

まわりにパティスリー関係者さまも多いせいか、松の内もあけるかあけないかのウチから、気分はもうヴァレンタインデー。


ということで、今月のご注文をいただいた際のおまけ「MERCI」では、『ショコラ』か『アンシャンテ・モナムール』をプレゼント中です♡


f0038600_22035023.jpg

ショコラ』は、アンシャンテの少し前のベストセラー。最近は新商品や『冬の紅茶』に押され気味ですが、やはり、長くのお得意様には根強い人気がありますし、洋菓子にも良く合いますから、いつでも傍らに置いておきたい紅茶です。


最近はパティスリーを食べたい!と思うコトが以前より少しだけ減ったようで、嗜好の変化を少しだけ残念に思うコトもあります。
それでも、紅茶の『ショコラ』を飲むと、おいしいパティスリーが恋しくなります。上品なフランス菓子が食べたくなってしまう。そんな紅茶でもあります。




さて、新年の楽しみのひとつが、友人からの家族写真の年賀状。

みんなあっという間に大きくなって〜。と、フランスの家族写真年賀状はやっぱり少し洒落ていて、毎年楽しみに眺めています。


f0038600_22131269.jpg


一緒にサンテミリオンへ行ったときはこの3人、誰もいなかったのにねえ〜。
早い、早い!


Bonne Année!




[PR]
# by enchan-the | 2018-01-09 22:21 | フランス紅茶

ご好評につき、年末に完売となった『WASANBON』。
只今、本場の香川県、讃岐で製造中でございます。


2月上旬には入荷予定ですので、もう少々お時間をいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。


f0038600_21533295.jpg


木型はもちろん香川の有名職人、市原さんに作っていただきました。
さすが名人。下絵の段階で感激しまくったほど愛らしく素敵なデザインの木型から生み出されるお砂糖の芸術品。どのポットも梅も、やさしい立体感がなんともいえないかわいらしさに溢れています。
お味はもちろん、ふわっとやさしい手作りのお砂糖ならではの日本らしい風味です。



和三盆はもちろんですが、箱にもとてもこだわりました。
葉田いづみさんにデザインをお願いして、光る?!印刷を施した化粧箱です。

f0038600_21534585.jpg


バレンタインに間に合うかどうか。ホワイトデーには間に合いそうですので、
気になる方はご予約も承ります。


来月まで、お待ちくださいませ!







[PR]
# by enchan-the | 2018-01-08 21:59 | 日々



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム