excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:南部鉄器( 206 )

南部鉄器のテイエール(ティーポット)。
中でも、白色(麻色)のテイエールは特に人気で、売り切れが続いてしまって
申し訳ありません。
とくに、KOSHIアラレは、先日たっぷりと入荷したのですが、瞬く間に完売と
なってしまいました。次回の入荷は、5月中旬予定となっております。

工場で作っているとはいえ、人の手による工程がとっても多く、
一つ一つ、丁寧に作られているテイエール(ポット)たちです。
一日に作れる量も決まっているので、なかなかたくさん作れない状況なのです。
お待たせして申し訳ございませんが、何卒、ご理解の程、お願いいたします。


鉄はなかなか成形しにくい素材です。
とくに、最近人気のポット敷きのLierre(つた)は、かなり難しいのだとか。
真っ赤に溶けた鉄が、型に流され、テイエールになっていく様子や
もっとたくさんの鉄器の魅力を、近いうちにHPでご紹介したいと思っています。


日本の伝統的な黒色の鉄器もステキですが、カラーの鉄器は、
みていてうれしくなるような、わくわくする魅力があります。
ヨーロッパの街角にあるお茶やさんに並んでいるカラーのテイエールたちは、
その街並みに溶け込んで、とってもステキに見えました。
これからも、いろいろなテイエールたちをご紹介していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

f0038600_2142285.jpg

[PR]
by enchan-the | 2008-04-26 21:30 | 南部鉄器
なんとなく、街が静かに感じられると思ったら、今日からお盆で帰省する方や
旅行に出かける方が多いようですね。東京生まれの東京育ちなので、昔から
『帰省』というものにちょっと憧れていました。
田舎へ持って行くお土産やたくさんの荷物を抱えた人々を見ては、「きっと故郷には、
精一杯のごちそうを作って(?)待っていてくれる家族がいるんだなあ、いいなあ〜」
って。自然がいっぱいの風景を想像して、うやらましく思ったモノです。

今では、お盆やお正月に久しぶりに静かになる都心の散歩を少しほっとしたキモチで
楽しむようになっているので、やっぱり私の故郷は、東京なんだなあっと思います。



さて、トップページで使っている写真へのお問い合わせが多いのでお答えしますと、
あれは、私の紅茶の師匠たちが営む、南仏のお茶専門店の写真なのです。
私がお世話になった頃は、別の場所にこういうお店を開いていました。
f0038600_22395087.jpg


当時は、『The ou cafe?』 お茶、それともカフェ? という名前のお茶専門店で、少しだけカフェも扱っていたのです。2002年の始め頃は、フランスでも今程のお茶ブームは起こっておらず、当時200種類以上ものお茶を扱っているお店はとっても貴重な存在でした。
(今では移転して、お茶の種類ももっと!増えています。)

その頃、私が初めて出会った鉄瓶たちも少しご紹介しますね。
f0038600_22482451.jpg

このお店はとっても広くて、右奥にはさらに、鉄瓶ばかりを並べた50平米ぐらいのスペースが
ありました。 とてもオリジナルで、雰囲気のあるお店で、師匠たちはお茶のスペシャリストで...
たくさんのお茶とポットと素敵な香りに囲まれて、そこに居るだけでシアワセな気分になれる
お店でした。あの頃のコトを思い出すだけで、うっとりしてしまいます〜。


こちらは、ボルドーのお店。オーナーの好みで、モダンな感じです。
f0038600_22515749.jpg

フランスのお店は、石造りで中がひんやりしているので、とても居心地が良いのです。
f0038600_22595946.jpg当時から「鉄瓶でお茶を出すのは当たり前」と、フランスでの南部鉄のテイエール人気はとっても高いものでした。なにしろ、日本人はみんな南部鉄器のテイエールを使って、日本茶を飲んでいると思われていましたから!

フランスのテイエールは、日本で流通しているサイズよりももっと大きなものが人気です。
大きな鉄のテイエールは存在感もあって、オブジェとしても楽しめると思います。ちなみに私が使っているものは、7型のKIKUよりも大きな「南部型」というもの。
使い慣れると、この大きさがキモチ良く感じるのです*
[PR]
by enchan-the | 2007-08-10 23:26 | 南部鉄器
連日、けっこうな暑さですね。。。

マロン、マロン、マロンと、テイエール(ティーポット)の出荷に追われています〜。
お届けさせていただいたお客さまからは、うれしいメールをたくさんいただき、
ありがとうございます! 気に入っていただけて、とっ〜てもうれしいです。
末永く、かわいがっていただけたら幸いです!


お待たせしているお客さま、申し訳ございません。
お盆休みを挟んで、工場でも大急ぎで作業を進める予定なのですが、
とにかく海外へ出てしまうポットがたくさんで在庫がなく、せっせと制作中なのです。
長くお待たせしてすみません。
只今ご注文をいただきますと、白いマロンは、9月28日からの出荷予定となります。
ご用意でき次第、すぐに発送させていただきますので、今しばらくお待ちください。
とにかく、出来る限り、急ぎますー*
[PR]
by enchan-the | 2007-08-08 21:54 | 南部鉄器

ついに、新しい鉄瓶たちが出来上がり始めました♪
一番乗りで出来上がったのは、かわいい白マロン。下地にゴールドを使ったので、明るい白に仕上がっています。
ほかにも続々と、かわいかったり素敵だったりの鉄瓶たちが揃いつつあります。
大急ぎでホームページの準備も進めているものの、まだ出来上がらないモノもあるので、
もう少しだけ、お待ち下さい!! 
f0038600_023653.jpg


それにしても、このマロン、ペンギンのようなパンダのような....なんとなく愛嬌があるかわいい子です。
今回はなんと、20種類以上もの新商品が揃う予定です。そう、鉄瓶やさんを始めるのです(笑)。
海外輸出用の特別なカタチや色を選んで作りました。日本ではお目にかかれないものがたくさん登場しますので、どうぞお楽しみに〜♪
[PR]
by enchan-the | 2007-05-28 22:15 | 南部鉄器
La theiere fonte du Japon. フランスで人気の南部鉄瓶も、最近は中国製やベトナム製の偽物が多く出て来たらしいので、『DU JAPON』と、表示するようになっています。美意識が高くてモノを選ぶ目の厳しいフランス人なら、間違いなく日本製を選ぶと思うけれど、念のためってことでしょうか。

私は友人、知人の結婚お祝いに、この鋳物のティーポットをよく贈ります。
丈夫でほとんど壊れないってことから、末永くお幸せに〜♪という御目出度い時にはピッタリだと思うのです。とくに薔薇色の鉄瓶などは、熱々で(?)ラブリーな新婚さんにぜひ使ってもらいたい感じ。
色付きの鉄瓶。アンシャンテで取り扱い始めた4〜5年前にくらべると、日本でも少しポピュラーになりました。 春からはもっとカラフルなポットを増やそうかな〜なんて、検討しています。

生活の中に、色があるって楽しいですよね? もちろん、お茶の時間にも!
f0038600_1174564.jpg

[PR]
by enchan-the | 2007-02-22 01:23 | 南部鉄器

先日、お友達の新居でお茶をごちそうになってきました。
場所はなんと、六本木...というと、住みにくそうなんて思われちゃうそうですが、通りを一本入っただけで、高級住宅街というのがあるんですね〜。落ち着いた雰囲気の素敵なマンションがたくさんある良い界隈でした。

さて、そんな素敵なマンションの中での、お茶。
うまく写真が撮れなかったけど、ブルーの鉄瓶が素敵ですよ。
f0038600_2048728.jpg


ロンドンのリバティーで買ったというアフタヌーンティ用のアンティークのお皿がとってもかわいい♪ そこに、おせんべいや、和菓子を置くところが、さすがフランス仕込みのLちゃんのセンス。型にはまらないところがフランスっぽいですね〜。 麩まんじゅうも美味しかったです。
[PR]
by enchan-the | 2006-07-27 20:41 | 南部鉄器



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム