人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excite

Exciteブログ トップサイトマップ


2021年もさいごの月がはじまりました。

そんな日の朝一番に、大好きな人からのメールを見つけた時の喜びはまたひとしおです。

フランスほかへ送った数々の手紙のお返事のひとつですけど、
近頃はなにかとショートメール傾向にあった中、久しぶりに愛情たっぷりの、相変わらずユーモアたっぷりのティーブレンダー嬢からの長いメールと写真が届きました。封筒を受け取った時の、笑ってしまうほど状況の描写が上手いのは、フランスでは小学生の頃から分析を習うから。という話を聞いたことがあります。


それにしても、こんなにも人の心に大きく響く言葉を送ることができるこの国の言語の魅力はもちろん、発想する人々の心の置き方やものの考え方にも改めて、深く深ーく感動してしまいました。持病のひとつのせいで未だ涙がでない状態ですけど、泣けました。^^;


そうでした。わたしは長い長いあいだ、この人のこの愛情いっぱいの励ましや多くの教え、導いてもらいつつ、さんざんお尻を叩かれたり怒られたり。。。何より楽しいことをたくさん教えてもらってここまで来ることができたのでした。

本当にものすごく濃くて豊かな時間をたくさん過ごさせてもらってきたことにしみじみしながら、久しぶりにブリジットの口調を思い出して、まるで今、いっしょにいるかのように、思い出にどっぷりと浸ってしまいました。



merci_merci._f0038600_22294814.jpg



このボルドーのアトリエの小さな中庭から見上げる空も好きでした。もう、何回みたかな?
ENCHAN-THÉの誕生日のつづきで、しばらくは...懐かしさと感謝でいっぱいの日々となりそうです。



merci_merci._f0038600_22430562.jpg


翻って、日常では、かわいいスタッフちゃんたちが大活躍してくれていますけど、UBから車で2-3日もかかるところで育った人たちと、今、東京で、いっしょに過ごして、ランチを食べて、笑って、お茶している....不思議。この地球上で、78億人以上もの人々がいる中で、出会えていることの不思議にもやはり感謝したくなります。



ということで、もうしばらくは繁忙期が続きそうですけど、たっぷりのエネルギーをもらえたので、引き続き、楽しみたいと思います。


Bienvenue en décembre !






# by enchan-the | 2021-12-01 22:22 | フランスのこと

11月も最後の週末となりました。

ベランダに干しておいただけの柿ですけれど....これで完成!ということにして。^^
どんなお茶にあわせようか、お料理に使おうか、しばらくは楽しみ方を検討することにしながら、眺めているだけでもけっこう癒されたりしています。はじめての mon kaki sec.



Au revoir novembre._f0038600_18263579.jpg



昨年から、ながらく試行錯誤しながらインプット三昧していたことも、このへんでようやく整理できてうれしい12月を迎えられそう。好きなものや大切にしたいものを絞り込めて、集中できるようになるうれしさと安心感は、格別ですね。

余分なモノをいろいろ手放すと、残ったものの魅力や良さが際立って見えてくるのもうれしいです。


昨日は、放っておくと、どんどん成長してしまう珈琲の木を60cmもカットして。こういうことは植木屋さんに頼むものだとずーっと思っていましたけど、自分でできるようになるとこれもまたうれしくて。 やや小さくなってかわいくなったので、全体のバランスをみながら、間引いたりカットして、自分で好きなようにどんどんカタチを作っていけるのを楽しんだりしています。

大げさですけど、できなかったことができるようになるのは、新しい扉が開いたようで。こんなことでさえ、いくつになってもうれしいものですねえ。


Au revoir novembre._f0038600_18585604.jpg



さて、連日、クリスマスの紅茶のお問い合わせをいただいておりますが、今シーズン分は完売してしまいました。。。
昨年にひきつづき、今年もとても早くて驚くばかりですが、この状況下では、それだけたくさんの人がクリスマス⭐︎をノエルを心待ちにしているようですね。
にもかかわらず.....ご希望に添えず、申し訳ございません。

「冬の紅茶」や「いちごのシャルロット」「クレモンティーヌ」「むかしあるところに....」「ラササヤン」「エカテリーナ」なども、クリスマスの暖かい雰囲気にはよく合うと思います。お肉料理といっしょには「ネクターロワイヤル」などのフルーツティもお楽しみいただけると思います。


そろそろ冬らしい寒さも本格的になりそうです。
どうぞ暖かくして、楽しい12月を!

Bonne semaine.





# by enchan-the | 2021-11-28 18:45 | 日々

賑やかだった今月もようやく落ち着きが戻ってきて、ほっとしながら、海外向けカードいろいろを書くことができました。


それにしても、PCに頼りっぱなしの昨今では、どんどん漢字が書けなくなっていくのはもちろん、ローマ字の綴りの間違いにも気がつきにくかったり、語学の勉強もさっぱり!アタマに残りにくいように思えます。^^;
便利さと引き換えに、能力がハイスピードで退化していくのを避けるべく。。。やっぱり手書きはいいなあと、久しぶりに実感した昨日でした。



par avion._f0038600_12294106.jpg



そんなところへうれしい航空便が到着しました。

すごく素敵な表紙の写真集。友人から本を贈られるのはとてもうれしいことのひとつです。特に自分では買わないタイプの本を「気にいると思って」と頂くのはすごくいいですねえ。パリのフォト サロンで求めてくれたようです。

フランスでは、紅茶を選ぶ時にも、贈る相手のイメージだったり、好みを探って、似合うそうな、気に入りそうなものを選ぶことが多いです。そう、お茶屋さんと相談しながら!




par avion._f0038600_12345739.jpg


贈られるものにもやっぱり手書きのメモがついているとすごくホッとしますね。(たとえ、判読がムズカシくても....。)そういえば、海外の人たちからは手書きのカードをもらうことが多いことにも気がつきました。

ようやく航空便も動き出したようなので、リクエストをいただいている「KIMONO」もそろそろ、航空便に載せようかとおもいます。クリスマスに間に合うように⭐︎(昨年は受け入れ停止で送れなかった国へ!)


par avion._f0038600_12354372.jpg




そして、おかげさまで、2021年の「クリスマスの紅茶」は完売いたしました。たくさんのご用命をいただきまして、ありがとうございました!!

ご用意できなかったみなさまには申し訳ございません。「冬の紅茶」や「エカテリーナ」、「クレモンティーヌ」、「ラササヤン」、「パンデピス」、「むかしあるところに...」なども、クリスマスの雰囲気にはよく合います。食べ物のメニューにあわせたり、その時々のお好みで、ぜひ、楽しい冬の時間をお過ごしください。




# by enchan-the | 2021-11-24 12:33 | 日々

東京でも、もうそろそろ冬の準備をしたくなるような寒さを感じる週末です。


ここ2週間くらいの賑やかさのお疲れを、新豆収穫のニュースとともに「豆」で癒される日曜日。

うずら豆がクランベリービーンズなんてかわいい名前の種類に入ることを知ったり、後継者不足とつくりてさんの高齢化で困っている在来種の豆を応援をしているおかげでお礼にいただける豆を選ぶのを楽しんだりしています。



légumes secs._f0038600_17044559.jpg



コロナ渦での収穫は、なんといっても、自分を大事にする余裕がもてるようになったこと。
その流れで、スローフードの勉強もはじめまして。。。つまり、生きることと食べることは直結しているのに、それほど深く意識しないでここまで来てしまったのをとっても楽しんで考えられるようになりました。



スローフードが生まれたのは、1986年のイタリアで。1989年のスローフード協会の宣言文が唱えられたのは、フランス・パリの中心地の会場だったので、フランスでもスローフード運動はかなり認知されているようです。


フランスで紅茶に出会った時、お世話になっていた家はまさに、スローフードを実践している生活でした。いつもの普段の暮らしを大切にする、食事の時間をとても大切にする、買い物はマルシェや専門店で納得のできるものを買う、物を大切に扱う、無駄なものは買わない。などなど。今、思い返してみるとこのお家だけでなく、出会った人たちはみんな同じような暮らし方でした。

お世話になった4人家族の大きなアパートには、テレビがなかった。テレビはないけれど、たくさんの本があった。ピアノがあった。いくつかのヴァイオリンがあった。大きなハープまであって、みんなよく楽器を奏でていた。絵を描く道具やなんでも手作りしてしまうためのミシンもあった。テレビはみないけれど、時々、ラジオを聞いて、よく映画を観に行った。当時でもmacは2台もあった。仕事も忙しかったはずなのに、テーブルを囲む時間は大切にしていた。そう、朝ごはんの紅茶のあとはエスプレッソまで用意して、濃いめの1杯で締めていましたっけ。

オーガニックの専門店に連れて行ってもらったり、マルシェでの買い物の仕方を教えてもらったり、彼らにとってはあたりまえのことが、とても新鮮で、あれほど豊かな時間を見せてもらったのに。。。

日本での忙しい生活に流されて、すっかり遠くへ置いてきてしまっていました。


東京に戻ると、なぜか時間がとぶように過ぎてしまう不思議。
夜遅くまでどこも明るくて、忙しくて、ホームタウンだけど、疲れる街。長い間、自分の食事さえ満足に摂らずに、仕事仕事、仕事が何よりも大事だったモーレツな時間を通してようやく、再び、あのフランスでのはじまりの気持ちに戻れた今が、いろいろ変わっていく時期なのでしょうねえ。もっと人生を楽しまないと!と強く思います。^^



すべては、関係性の問題。人と人、人と自然の。他者といかにコミュニケーションをとっていくか、大地からの恵みをどうやって口まで運ぶのか。そういう根源的な関係性の問題の根底に食がある。だから、それはとても重要な文化なのだ。

「スローフードな人生!」には、まるごと一冊、とても重要なメッセージが書かれていますが、さきほど目にとまった部分。↑ フランスでも食は文化だ、文化だと。テーブルを共有することの大切さをあちこちで見聞きしました。食事の時間もお茶の時間も何より楽しいものですね。もういちど、あの頃へ戻って、学び直したいことがたくさんでてきてしまいました。



そんなわけで、ゆったりとした余裕のある豊かな生活を模索しながら。
お茶の時間をさらに!大切にしていきたいと思います。


Bonne semaine.



[ お知らせ ]
2021年分クリスマスの紅茶は完売いたしました。(11/22_22:00にて)
たくさんのご利用をいただきまして、誠にありがとうございます!

11/22_22:00までの承ったご注文につきましては、3営業日以内に発送する予定です。ぜひ楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

ありがとうございました!!








# by enchan-the | 2021-11-21 18:01 | エコ生活

昨日あたりから、少しづつ、朝には冬の気配を感じるようになりました。


それにしても、賑やかすぎる今週は、すでに一月分の仕事を終わらせたような感じですが、
ティーブレンダー嬢の誕生日が過ぎると...こんどはENCHAN-THÉの誕生日がやってきて。


おかげさまで19歳を迎えることができました。 Un très grand merci à vous !!




MERCI ! 19 ans déjà !   C\'est notre anniversaire._f0038600_13501990.jpeg



こんなに遠くまで来ることができるとは考えてもいませんでしたが、本日は、みんなの仕事を横取りして、ひさしぶりに紅茶の袋詰めをしてみました。


たしかに、いちばん大好きだった仕事。いつから離れて....できなくなってしまったかな。
フランスから届いた茶袋を開けて、たまらなく素敵な香りに包まれながら、紅茶の中にぎっしりと入っているピンク色のバラの花びらや紫色のモーヴの花びら、りんごやフランボワーズの果肉にうっとりして、なんて幸せな時間だろうとわくわくしていた気持ち。 ずいぶん前に少し遠くへ置いてきてしまっていたようです。



もう20年にもなるのでした。知らない街まで電車で5時間もかけて、緊張しながらティーブレンダー嬢を訪ねたことや、ブリジットから山のようなお茶のサンプルをダンボール箱いっぱいにもらって、翌日、大荷物をかかえて、また電車で5時間もかけて滞在していた街に戻ったこと。なんて幸せなできごとが起こったんだろうと、大急ぎでミシェルやお師匠たちに知らせたくて、駅から家に戻る道を早足で歩いたことをフト、思い出しました。
そう、行き交う人みんなにその宝物を見せたくなったくらい。「私、日本に帰って紅茶の仕事を始めることに決めたのー!」って。ものすごく嬉しかった。



幸せなことに、あの時であった人、お世話になった人とは今でも仲良くしてもらっているのですけれど、不思議と、あの街には、もう、知っている人は誰もいないのです。懐かしくて行ってみたい気もするけれど、寂しくなりそうでまだしばらくは行けそうもないかな。




MERCI ! 19 ans déjà !   C\'est notre anniversaire._f0038600_14394392.jpg


ここが始まり。洞窟のようなお店の中は、ものすごく奥行きがあって広いのですが、一歩入るとフランスらしいお茶の香りでいっぱいでした。(カタログに載せているのはこのあとの移転後のお店です)





MERCI ! 19 ans déjà !   C\'est notre anniversaire._f0038600_14402573.jpg


お師匠その2↑ この頃は、お茶といっしょに少しだけ珈琲も売っていました。当時でお茶は200種類くらい。そのあと400種類くらいに増やしたのでした。(珈琲は終了)


お師匠たちの店がとても「オリジナル」だったから、そうするのが当たり前だと思って。
完成してしまっている小ぎれいなブランドや、できあがっているものをただ右から左へ流すだけの仕事は、自分には意味がないと思って。
はじめは、何かを作りたかったというよりも、1日も早く、この嬉しさや幸せな気持ちになれる「お茶の時間」を日本の人たちに紹介したいという想いの方が大きかったような気がします。


フランスの人たちからもうらやましがられるようになった『ENCHAN-THÉ : アンシャンテ』という名前を延々...考えて。考えて、感じながら、試行錯誤して。オリジナルで作ったのだったなあと、懐かしく思い返しました。






MERCI ! 19 ans déjà !   C\'est notre anniversaire._f0038600_14412523.jpg


懐かしいアーティスト一家のサロン。私がお世話になった数ヶ月後には引っ越してしまったので、ホントに素敵なタイミングだったようです。このポットで淹れてもらった1杯の紅茶から、ENCHAN-THÉがはじまってしまったのですから。



今日は懐かしさでいっぱい。

これからフランスのみなさんにゆっくりと、MERCI CARDを書いて送ろうと思います。



ENCORE MERCI à vous tous !!!!



*おかげさまでクリスマスの紅茶(小売分)は過去最速で、おそらく今月中にはなくなりそうです。たくさんのご利用をありがとうございます⭐︎ 各地のお取引先様の店頭で出会えることもあるかと思いますので、その際にはぜひ!ご利用くださいませ。





# by enchan-the | 2021-11-19 15:15 | フランス紅茶



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム