excite

Exciteブログ トップサイトマップ

<   2017年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夏になると、花柄のワンピースが着たくなる〜。
などと、思いながら『南部鉄器 小皿 Les fleurs * 花』を眺めてみる。


f0038600_23175022.jpg


近頃は、ポット+ポット敷き+小皿 という組合わせの贈り物をお選びくださる方が多く、テーブルの上がますます華やかになることを想像してはうれしく思っています。
ありがとうございます。



ぼんやりと、わが家の小皿(約5年前のサンプルのため無色のクリア塗装品です)を眺めながら、鋳物で、この花びらの縁の微妙なニュアンスが表現されていることに改めて感動しました。

f0038600_23201280.jpg


f0038600_23202386.jpg

南部鉄器で、この花びらの表情を表現できるなんて〜、とってもすごいことですね。

だからタチアオイが大好きです。もちろんマーガレットもかわいいですよ。

この花びらのやさしさを眺めるだけで、なんとも癒される夏の夜。

たくさんのお祝いの席を彩ってくれることを願っています。


さて、そろそろ夏休みの方も多いかと思いますが、今週もがんばって
行きましょう!



[PR]
by enchan-the | 2017-07-31 23:32 | 南部鉄器

豊かさ続きで今宵は、我らが日本食はやっぱり最高。
と、思えるようになった年頃(笑)の友人と会食。

テーブルの上で季節を表現しようと料理を作る国民は、日本人以外に多くはないのではないでしょうか。四季のはっきりしている国で生活している日本人の豊かな感性は本当に素晴らしいと、改めて感激したおいしい夜でした。



昔の七夕では、この梶の葉の裏側に墨で願い事を書いたのだそうです。
なんとも情緒のあるお話も嬉しいですね。

f0038600_02163744.jpg


f0038600_02153181.jpg


f0038600_02150522.jpg

すべてのお料理の味にも香りにも食べる歓びが溢れました。
日本食、和食っていろいろありますけど、家庭料理の延長の、こういう素敵なお料理もぜひ、海外の方にたくさん知ってもらいたいものです。
写真にはないけれど、スイカとトマトとパプリカのすり流しが美味しくて、忘れられない味となりそうです。


f0038600_02152049.jpg

移転して、新しくなったお店の店内は木の香りも心地よく、大満足で♡
ごちそうさまでした。


f0038600_02151397.jpg

Bon dimanche.




[PR]
by enchan-the | 2017-07-29 23:39 | 日々

金曜の夜。
ずいぶん前からの約束を果たすべく、4人のモンゴルちゃんたちとモンゴル料理のレストランへ。
うれしそうに大好物を食べながらいろいろな話しを聞かせてくれるおかげで、場所も時間もたくさん移動したような。。。とっても濃い異文化体験でした。


気がつけば店内に日本人は自分だけ。
広大な大地を移動しながら生活をしている人たちのたくましさ、スケールの大きさに圧倒されながら(本当に…感心するほどたくましさが違います。)
『今は車だけど、子どもの頃の引越しはコレ』と、ラクダに荷車をつけた模型を見せてもらって驚いたり、『お父さんが良い草のある場所をみつけてきて引越す』『だいたい20kmから30kmくらい引越す』『そうそう』などなど、想像を超えたいろんなことを4人掛かりで次々説明するうえ、ミルクと羊の匂いが漂ってくると…。
一週間の疲れとともに大陸にいるような錯覚に陥って、めまいが…(笑)。


シンプルな暮らしをしている人たちは食事もシンプル。
基本はポウズとスープ。これを『とーってもおいしいねー』とうれしそうに食べる姿にうれしさが伝わってきます。やっぱり食べ慣れた味はおいしいんですね。

お祝いの時や子どもの髪を切るという大切な日は、スープとポウズ。
雨の日にスープとポウズを作ってたべる。
これは、ミルクティの中に羊肉のポウズが入っているもので、これが大好物という人も多く「とーっても栄養がある」「子どもを生んだあとには数日間食べ続ける」ものなのだとか。この他、野菜スープにポウズバージョンもありました。

f0038600_00502255.jpg

ミルクティといっても、お茶は微かに、おそらく団茶を削っていれるのだろうと思うのですが、うっすらと塩味の効いたスープのようなもの。この国の人たちの大好物で日常的にのむミルクティはやさしい塩味なのです。
「疲れたときにのむと元気になる」ソウルフードのようですね。


もうひとつのごちそうがコレ。こちらは牛肉で少しホッとしました。
大切なお客様が来るときに作ることが多いそうです。

f0038600_00503360.jpg

バリエーションも限られている、シンプルな料理ばかりだけれど、ゲルの中でこれを囲む人たちの楽しくて温かい時間が手に取るように見えて、とっても豊かな食事の時間の様子が伝わってきました。みんなののびのびした明るい笑顔はこういう時間から生まれるんでしょうね。


豊かさにもいろいろあるなあとしみじみ感じた夜。
会社からそう遠くない場所とはいえ、完全にawayでのあまりに濃い体験に、自宅に辿り着き、異次元から帰還できてちょっとホッとしました。^^;


どうぞよい週末を。



[PR]
by enchan-the | 2017-07-29 23:19 | 日々

久しぶりに涼しくて、とっても過ごしやすい一日でした。

ようやく、朝のウチなら落ちついてみられるようになったGINZA SIXへ。

オープン時は食べるのも不可能だった念願の『PHILIPPE CONTICINI』。
お寿司屋さんのカウンターをイメージして作られたという白木のテーブルに座って、
『クイニー・タタン』をいただきました。

f0038600_23534589.jpg


ここのところの暑さもあるし、先日のフランスでも、あまりの暑さにデザートやスウィーツを食べよう。という気持ちが失せていたので、久しぶりにそそられるデザートに出会えて、本当にテンションが上がりました。お菓子を食べる歓びを思い出させてくれたスバラシイデザート。


クイニーアマンとタルトタタンというフランスの地方菓子を合体させてしまうという、いままでに無いものを生み出す発想。さまざまな食感を組み合わせ、咀嚼することで、隠れていた素材が少しづつ少しづつ溶け出し、現れ、また咀嚼して深く味わい、向き合い、そのお菓子の密度を感じる。美味しいものを口にする歓びというものの素晴らしさを久しぶりに嬉しく感じることができました。

単に美味しいという言葉だけにおさまらない感動や満足感がいっぱい詰まったデザート。ヘーゼルナッツ、ソバ茶、スパイス、そして柑橘系(グレープフルーツのルビー)をりんごのお菓子と組み合わせてしまう意外性。すべてが、フランススウィーツ界の巨匠ならではのエスプリでしょう。


こんなにスバラシイデザートを日本で食べられるのですよ〜.。
すごい!感動、感激のひとときでした。


もうひとつ。元々、フルーツティは、スウィーツには合わないのではないか。
という先入観を覆してくれた、クイニータタンとBORA BORAの組合わせ。

紅茶の葉を使用していないドリンクとスウィーツを合わせるのは、正統派ではないのでは?などと、フランス紅茶やらしからぬ発想を持っていた自分が恥ずかしい限りですが、フルーツティとスウィーツは、まったく、とってもスバラシイ組合わせでした。とくにボリュームのある密度の濃いデザートほど、ヘルシーなフルーツティがよく合います。

f0038600_00173555.jpg

噛めば噛む程、素材の味が伝わるように、フルーツティのカップを口へ運ぶたび、代わる代わる、オレンジだったり、バラだったり、ハイビスカスやりんごだったりが主張してきて...新しいフルーツティの楽しみ方を知りました。

もっと自由に柔軟に、味覚を楽しむことは、やっぱり人生を楽しむことと一緒。

新しい味に出会うことは、またひとつ、新しい人生を知るコト。フランスの師匠やティーブレンダーのブリジットからよく聞かされた言葉です。


お茶の時間の豊かさをしみじみ感じたうれしい時間となりました。
ありがとうございました。






[PR]
by enchan-the | 2017-07-28 00:25 | 紅茶とおいしい組合わせ

別冊 家庭画報 2017 秋冬号 【MISS WEDDING】世界文化社 刊にて、
CAMOMILLE No.3 ピンク』と『ARARE No.3 白』をご紹介いただきました。

『今もらって本当にうれしい引出物は?』 特集P158.

f0038600_14225211.jpg



f0038600_1423527.jpg


ポットの下に隠れていますが、お揃いのポット敷きも撮影していただいております。


No.3サイズなら、それほど重くないですし、ゲストへのプレゼントにも最適。

個人的には、となりのジョーマローンのローションのセットにも惹かれますが...。

シンプルなARAREも、かわいらしいCAMOMILLEも、多くの方々に『うれしい!』と、
きっと喜んでいただけることと思います。


f0038600_14223843.jpg



世界文化社様、ありがとうございました。
[PR]
by enchan-the | 2017-07-25 07:37 | 南部鉄器

梅雨が戻ってきたようなTokyoですが、暑くても暑くなくても、一日のはじまりには
温かい紅茶が落ちつきます。
とくに新しい一週間の最初の朝は、気に入った紅茶ではじめたいものですね。


涼しい室内なら温かい紅茶が良いけれど、問題は、暑い日中です。

外出することの多い今週などは、帰社した後には必ずアイスティが欲しくなり、氷をたくさん入れたグラスに温かい紅茶を注いで、ささっとアイスティを作って...涼しくなって生き返ります。^^


氷の音も魅力的な、冷たい紅茶。
当然ですが、紅茶やのアイスティは、とってもおいしいですから。

いつか、みなさんにも飲んでいただきたいなあ。などとも思ったり。

紅茶シロップでかき氷を作りたいと思ったり。^^


f0038600_21072293.jpg


巷では人気の高い水だしアイスティですが、低温で抽出すると、香りが弱くなってしまうのと、傷むのが早いので、できれば、熱湯で抽出した紅茶を氷で割ることをおススメします。


それでもやっぱり水だし派、のみなさまには、緑茶のフレーバーティの
水だし緑茶をオススメします。

KIMONOやジャパンライム、春の緑茶や、テ デ ヴァカンスビオあたりでもお試し下さい。



さて、今週もがんばりましょう!

Bonne semaine.





[PR]
by enchan-the | 2017-07-24 21:47 | フランス紅茶

今日は待ちにまった色校正の日。

久しぶりの印刷工場へ。
センスの良いデザイナーさんといっしょだと、とても心強く、楽しく見学させてもらいました。

f0038600_22165881.jpg


いろいろな事情で、制作に時間がかかってしまいましたが、必要な時に必要なタイミングでモノ事は動くようで、一部間に合わなかった情報もあるのですが、今、このカタログができてやっぱりよかった〜。

f0038600_22164663.jpg


それにしても、印刷やさんの仕事って、大変〜。と、つくづく思いました。
日々、あたりまえのように手にしているものが、いかに大変な工程、作業を経て、手元に届くのか、知ることも大切ですね。
印刷やさんがなかったら、本好きとしては、まったく困ります。ありがとうございます!


f0038600_22163856.jpg

たくさんの校正紙を宝物のように!うれしく頂いて、大満足でした。

来週から、発送開始いたします。

どうぞお楽しみに!!



[PR]
by enchan-the | 2017-07-20 22:30 | 日々

にぎやかな、連休明けの火曜日。

お昼休みも終業後も、みんなの夏休みの話題でまた賑やか。



f0038600_22260437.jpg



今年は…..団茶の国へ。馬にノリに大陸へ行きたかったのですが。。。


諸般の事情で延期になりそうで残念です。


f0038600_22261297.jpg


夏のお茶の準備をしないと〜。

読書とお茶についても….考える夏。


新商品の『パリの午後』。さっそくご注文をいただいております。
ありがとうございます。温かくても冷たくても、どちらもおいしくお楽しみいただけると思います。 夕立の後にも、夏の夕暮れにもピッタリ。

いろいろなシーンに似合うお茶です。
どうぞ、お楽しみください。




[PR]
by enchan-the | 2017-07-18 23:02 | 日々

日差しが強くなるにつれ、ターコイズとシルバーの組合わせがますます映えるKIKU No.5。
フランスの光の明度にもよく映えて、モダンなテーブルにも似合っていました。


ほんものの洋の中に入ると、和の存在感がぐーっと引出されるなあと再発見があったパリでの撮影。

じつは、今回は敢て、会社で長く使用しているポットを撮影しました。
新品ではなく、少し使った感じが写真に残るといいなあと思いまして。


f0038600_16320358.jpg


撮影終了後は、ご協力をいただいたみなさんの元でかわいがってもらおうと、好きなポットを選んでもらいました。

こちらの家の主は、迷った末に、カモミールNo.5 白を。

同じ色のカミヨンに乗っているというaに、ターコイズを渡すことができてホッとして、小さなポットたちは、オランダへと連れて行ってもらいました。


使い込む程に、様々な味がでてくるポットです。
5年、10年後の佇まいを楽しみに、ぜひ末永く、ご愛用いただければ幸いです。


最近は、お仕上げ直しのご用命も多く頂いております。
お預かりしてから約1.5ヶ月間。丁寧に色を落とし、再度、製品を仕上げるのと同じように丁寧に色をつけ、磨いてもらって生まれ変わります。

「新品のようでした!」と、うれしいメッセージを頂く事も多いアフターサービス。

愛着のあるポットが何回でも生まれ変わったらうれしいですね。


さて、週末に届いた、お客様からのうれしいメッセージを。

昨日、待ちに待った鉄瓶〔カモミール〕が届きました。
本当に素敵です☆ 箱から素敵で時計でも入っているみたいでした。。。
最近はずっとティーバッグでしたが、これからはこの鉄瓶でお茶したいと思います。
ありがとうございました。



暑い日が続きますが、白いティーポットは涼し気です。もちろん、シエル(水色)も! 夏ならではのお茶の時間を南部鉄器カラーポットと一緒に、ぜひ、たっぷりとお楽しみください。 

ありがとうございました♡





[PR]
by enchan-the | 2017-07-17 17:59 | 南部鉄器

急に暑くなった今週は、なかなか厳しい一週間でした。金曜日まで来てようやく暑さにも慣れてきたように思えます。

その証拠に、おいしそうなパンだったりお菓子にも食指が動くようになりました。^^

f0038600_23410522.jpg


焼きたてのヴィエノワズリーも紅茶によく合いますね。

暑さに慣れたというより、はやくも冷房がキツくて、温かいお茶がついつい欲しくなるようでもあります。一番下の段に入っている焼きたてのショソンとカフェオレではなく、テオレ(たっぷりのミルクティ)が食べたい!
ミルクティにはぜひ、ボルドーブレンドかアイルランドブレンド、または、アンシャンテブレンドあたりをお試しください。しっかりと濃いめで紅茶の甘さも感じられるタイプのお茶はミルクにもよく合います。


さて、今日は7月14日。フランスの革命記念日。パリ祭で、
いよいよヴァカンスシーズンのはじまりです。


f0038600_23543681.jpg


気がつけば、3連休でした。みなさま、夏休みの予定は決まりましたか?

まだまだプランニング中のわたしですが、
おいしいお菓子と紅茶があれば、いつでもヴァカンス気分に浸れそう!

計画を立てているときが….とっても楽しい時間ですね。


画像の↑ココナッツのサブレのお話はまた今度。^^


どうぞよい週末を。






[PR]
by enchan-the | 2017-07-14 23:38 | 紅茶とおいしい組合わせ



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶と鋳物を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム