excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:日々( 794 )

はやく、紅茶のお手紙を商品としてご紹介したいなあ〜と、準備中のこの頃。

お世話になっている郵便局の方とお打ち合わせをしておりました。

今回、できあがった封筒はとってもしっかりしているのでエアメールにも対応できます。もちろん、プチギフトにもお使いいただけます。


そんな中…..突如いただいた、スタンプセット!!

すご〜い!!真面目そうな担当者さんが静か〜にカバンから…. こんなにかわいいものを出してみせるので、そのギャップとともに、思いっきり盛り上がってしまいました。
う、うれしい。。。


外国に行くと、どの国の郵便局もなかなか好感度の高いグッズが置いてあっていいなあと思っておりましたが、日本の郵便局は、なんとも不思議なかわいらしさがあるものが多いですね。陶器の郵便ポストの貯金箱(カラフルな)とか。

f0038600_19483058.jpg


f0038600_19484410.jpg

大きな郵便局内ではたくさん活躍しているカート付きのパレットですね。
扉がひらくので、それも4つも! また感動、、、。なんてかわいいんでしょう。


さて、遠くにお住まいのみなさまへ、どうやってお手軽に紅茶をお送りするか。
試行錯誤しております。
アンシャンテの紅茶はベースのお茶の葉も大きい上、お花や果物、ショコラやキャラメルなど、いろいろ入っているのでボリュームがたっぷり。日本茶のようにぺたんこになると便利なのですが…ほど遠い大きさで;;。 なんとかもう少し試行錯誤、工夫してみます!

このハンコをぺたぺたたくさん押せる日が早く来るように〜。


それにしてもこのハンコセット。今日一番うれしい出来事でした。^^;


どうぞよい週末を。






[PR]
by enchan-the | 2017-11-17 19:48 | 日々

ENCHAN-THÉ(アンシャンテ)の15回めの誕生日ももうすぐだけれど、本日は、私たちのティーブレンダー、ブリジットのお誕生日☆

少し遠いBordeauxへ思いを馳せつつ、お祝いを。


近頃は、あちこちの会社やお店でも、お茶に一番詳しい人たちが現場から離れ気味で寂しい限り。

10年経つというのはこういうことか。と、早くもっともっといろいろ学ばなければなあと思います。

f0038600_23123905.jpg


数ヶ月前に会ったばかりなのに、一緒に笑っていない時間が増えるとちょっと寂しい。


今日はたくさんの人たちが、あなたの事を考えますよ〜。

あなたの作った素敵なお茶を飲みながら!ね。

Bon anniversaire!!


f0038600_23124707.jpg



[PR]
by enchan-the | 2017-11-16 23:19 | 日々

気がつけば、今年もまた新酒のシーズン。
なぜか私たちの貨物は毎年、混雑の中、新酒に巻き込まれつつ、一緒に到着することになってしまっているようで?クリスマスの紅茶や冬の紅茶最終便もようやく到着しました。

ボージョレー → チーズとつながって、モン・ドールやコンテが恋しくなる秋です。
ジュラを訪ねたのは2年前だったか3年前だったか。懐かしいなあ〜。
おいしいダージリンといっしょに、たくさんのチーズをものすご〜くたくさん食べたいこの頃です。


山の家での朝ごはん。
この村のチーズやさんはとっても素晴らしかった!

f0038600_22371723.jpg

じつは、本当にめずらしく、数年ぶりに風邪をひいてしまい、本格的な風邪はたぶん8年か10年ぶりくらい?? なかなか復帰できず、若干参っております。^^;
本日は海外の人たちと多々連絡をとっており、かなり元気をもらっておりますが、最近の翻訳機能は優れているのか、日本語を知らないはずのM氏が『お早い回復を願っております!』などと書いてくるのでさらに笑わせてもらって….。繁忙期ですが、少しだけマイペースで過ごしております。


フト気がつくと、どういうわけか、本棚の前に一冊のノートが。どうしてこんなところにこんなノートがあるのかな?
と思いながら開いてみると。2007年にフランスで取材をしていたノートで、その最後のページには、どうやら10年前の『もみじ市』の準備について書いてあるページがあって、とっても驚きました。

紙コップ800個とか、水20リットル×6とか…お茶のサンプルを作って冊子につけるとか!

時々、こうやって不思議なコトが起こるんですね〜。


そのノートは、記念すべき「ENCHAN-THÉ」はじめての冊子をつくるために、私が現地でお世話になっているたくさんの人々にたっぷりお話を聞いたことが書かれていました。ステキな言葉がいっぱい書かれているのを読みながら、初心にかえり。

この10年で日本の紅茶の世界も少し変わったけれど、私たちだからできることは、本物のフランス紅茶をヨーロッパの紅茶を丁寧に紹介していくこと。
自分が本当にいいなあと思える、作っている方々をリスペクトできる人や会社と仕事をして、いつでもユニークで独創的な紅茶の会社であること。これを忘れずに、たくさんの方々に、ゆったりとした心地よいお茶の時間を過ごしていただけるように役に立つ仕事を続けていこうと改めて強く思いました。


ずっと走っていると時々疲れますのでね。^^

はやくもっとミのある仕事をやりとげなければ!
来年からは、もっと集中して!もっとバージョンアップしていきたいと思います。

f0038600_23184932.jpg

なんだか、とても意味のある15周年を迎えられた11月でした。
いつも応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます!!

もう少し充電してまたがんばります〜。









[PR]
by enchan-the | 2017-11-15 22:54 | 日々

お客様のところで、お使いいただいている『大きな紅茶缶』をリニューアルすることになり、長年働いた『大きな紅茶缶』がいい感じに風合いも増していたので、いただいて帰ってきました。


このサイズはとても使いやすいので、日々、忙しいカウンターの向こうでのオペレーションにもとても役に立つはずです。

たくさん!使って頂いて、お疲れさま〜。と、迎えるのもうれしいものです。缶やさんに見せてあげたい。


新しい『大きな紅茶缶』は、ロゴバージョンの方をお届けして。
これもまた、たくさん、しっかりと働いてくれるのを願っております。


f0038600_17584466.jpg


さて、明日からの『紅茶フェス』に、こんなセットもおまけで作れました。
かわいいですよ♡

f0038600_17590126.jpg


ではでは、どうぞよい週末をお過ごしください。





[PR]
by enchan-the | 2017-11-10 18:02 | 日々

久しぶりのイヴェントが終って、去年もその前も、そのまた前も、ずっと忙しい秋を過ごしていたので、やっと深呼吸できるような落ちついた午後がやってきて、ホッとしております。

得意の断捨離!で整理整頓し続けて、今月は引続き、いろいろ片付けて次の仕事に備えようと準備中です。


さて、人気の大きな紅茶缶に新しいデザインが登場しました。

LES BOÎTES180とは違った魅力があるのは、手塗りならではのやさしい風合いでしょうか。
『アンシャンテ・ホワイト』という特別な白を作っていただいて塗ってもらっています。^^

ウチ蓋がついているので湿気も怖くない。と、安心の大きな缶は、紅茶はもちろん、大きいのでお菓子や乾物、珈琲豆など、なんでも入れられます。


f0038600_17472714.jpg


10年ものロングセラーのフランスの友人作↓のイラスト缶も白、黒、シエルと変わらず人気です。シンプルなものはあまり飽きないのですね。


f0038600_22425264.jpg



秋なので、ブレードランナーでも観たいなあと思いつつ、このイラスト↑を書いてくれたミッシェルが出ている『SUR QUEL PIED DANSER / ジュリーと恋と靴工場』が公開されているので、まずは、それを見に行かなくっちゃ!


なんとも、フランスが恋しい秋です。


どうぞ楽しい連休をお過ごしください!



[PR]
by enchan-the | 2017-11-02 17:47 | 日々

台風も過ぎて、北風も吹いて、すっかり秋らしくなりました。


昨日は、とても台風とは思えないくらいたくさんのお客様でいっぱいで、デパートの集客力はやっぱりすごいなあと。雨の日曜日だったらほぼ家からでない自分には驚くことがいっぱいで、非常に勉強になりました。

賑やかだった昨日のおかげさまで、商品も大変少なくなってしまいましたが、『アンシャンテ・カフェスタイル』は、明日まで開催しております!


『ターブル アルチザン ノール』も評判がよくてホッとしました。
ティーカップ&ソーサーやマグカップも、賞賛のお声をたくさんいただけて、一目惚れのように「気に入った」と、ご主人の分と自分の分と、マグカップを2個お買い上げくださった外国の方が特に印象的でした。

そうですよー『ターブル アルチザン ノール』の道具が自分の生活の中にあったら、とってもキモチ良くなると思います。
北国で作られる『ターブル アルチザン ノール』の道具は、どれも清々しい美しいものばかり。
これから多くの方々に使っていただけるよう、準備に励みます。



f0038600_21583245.jpg

台風というか、嵐のような数週間が過ぎ、気がつけば秋も深まって。

近所のパン屋さんへ寄ったら、芋、栗、カボチャパンやカボチパイなど、オレンジ色のパンがたくさん並んでいました。

なんと、気がつけば月末で!!
驚いております。

今年もあと2ヶ月なんて…..。
明日からはまた心を整え、がんばろうと思います。


『アンシャンテ・カフェスタイル』へご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました。



[PR]
by enchan-the | 2017-10-30 22:10 | 日々

フランスとスイスの友人が来てくれたので、ちょっと抜け出して静かな日本茶の時間。

モノの見方や感じ方が異なるので一緒に時間を過ごすたびに発見があります。


f0038600_22343132.jpg




f0038600_22342213.jpg



f0038600_22341557.jpg

私はお煎茶なのに彼女たちはお濃い茶が好きだと。
抹茶椀についた抹茶に山のカタチを見いだすなんて、風情がありますねえ〜。


このお二人は日本の著名な陶芸家60人をインタビューした書籍も出版したことがあるアート通。
ターブル アルチザン ノールの磁器も「とってもいい」と褒めてもらえてホッとしました。


f0038600_22343974.jpg

来年はいっしょに常滑に行こうと。本当に、そんな余裕を持ちたいものです。


異文化は何よりのリフレッシュになりますね。
今日の銀座はいつもよりもっと楽しかった。


明日も楽しみです!




[PR]
by enchan-the | 2017-10-20 22:46 | 日々

雨もあがってキモチのいい秋の空。
連休日和ですね。

f0038600_23351910.jpg


f0038600_23351091.jpg

空が狭くみえるけれど、休日のオフィス街がけっこう好きです。




先日、激務のあとのお疲れさま!ということで、夜9:00までやっている遊園地へ行くことに。会社から車で5分もかからないけれど、みんなで来るのは初めて。


f0038600_23353205.jpg

満月の次の日。
観覧車はキモチ良くて楽しかった〜。

f0038600_23353907.jpg

空に近づいたのも久しぶり。

あんなに寒い日にウォータースライダーでアタマから足先までびしょぬれになったのもいい思い出。^^;
あれほど、温かいお茶が恋しくなったのも初めてでした。



さて、秋の連休。
たっぷりリラックスできますように。
どうぞよい週末を!






[PR]
by enchan-the | 2017-10-07 23:54 | 日々

なんと。月を待たずに食欲に負けて.... 「今日は曇っているし〜」という言いわけとともに朝からムーンケーキをいただいてしまった自分。^^;


f0038600_22143926.jpg

アッサムのブレンドといっしょにおいしくいただきました。



さて、名月です。一日外出していた帰り道。曇り空どころか駅から自宅まで、ずっとお月さまといっしょ。うれしいお月見となりました。



奇跡的に?こんなに美しく輝くお月さまに、心の中まですっかり明るく清らかに照らされたよう。とってもキレイでやさしい月夜でした。

f0038600_22150736.jpg



f0038600_22145911.jpg


秋になっただけで、なんでこんなにうれしいのでしょうね。
お茶がおいしいと感じられるだけでなんでこんなにうれしいのでしょうね。


秋は楽しみがいっぱい。さて、満喫しましょう!




[PR]
by enchan-the | 2017-10-04 22:23 | 日々

ついに...10月がやってきてしまいました。
もう、逃げられないといいますか。しっかりと!お仕事モード全開で、みんなで必死のスピードアップ。嵐のような月曜日でした。。。



こちらも....まだまだ余裕があると思っていましたが、そろそろ追い込み。
まずはスタートできるように、楽しく、厳しく、調整中です。


f0038600_22525094.jpg

『Table d'artisants Nord : ターブル アルチザン ノール』

不思議な縁で出会いました。


北国の雪深い場所で、コツコツと自分の仕事に向き合っている職人(アルチザン)たち。
一人の活動も良いけれど、みんなで集まったら、また違うコトができるのではないか。

そんな思いと、偶然が重なって、不思議な力に導かれるように
『Table d'artisants Nord:ターブル アルチザン ノール』というチームができあがりました。



昨日も今日も明日も。叩いて叩いて、金属を叩いて、いろいろな表情を作り出し、美しい器を作る金工のアルチザン。

磁器の土の感触やその土の出す音が好きだと、ロクロと向き合い、白磁の茶器を繊細な美しい曲線とともに生み出す陶磁器のアルチザン。


彼らをサポートするように、素敵なロゴもできあがりました。
デザインは、やはり、雪国で活躍するデザイナーさんにお願いしました。あの土地ならではの自然、風の匂い、土の匂いを知っているデザイナーに頂いた案はどれも魅力的でした。



アルチザンのテの中で生まれたテーブルウェア。
北国で生まれた透明感のあるテーブルウェア。

そのひとつが自分の暮らしに加わったら、
少しだけいつもの空気が変わるのではないかな。と思います。



いろいろな材料と力を集めてまとめて一緒に走っていくのが自分の仕事。
まだまだアイテムは少ないのですが、来年に向けて、魅力的なものをご紹介していけたらいいと思っております。


心地よいお茶の時間を過ごしていただけるように。


さて、今週もがんばりましょう!






[PR]
by enchan-the | 2017-10-02 23:05 | 日々



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶と鋳物を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム